シアリスのジェネリックであるタダリスについて

元々シアリスというED治療薬がありますが、このシアリスのジェネリック医薬品がタダリスという医薬品です。
このジェネリック医薬品は正式な名称が「タダリスSX」であり、インドのアジャンタ・ファーマ社が薬を製造しています。
この治療薬は効果が長時間作用することで知られており、最長で36時間という長さで効果が続いていきます。

そのため他のED治療薬であるバイアグラやレビトラよりも、かなり効果の持続時間が長いのです。

タダリスの用量には10mgと20mgのものがありますが、10mgのものを服用すると24時間から最長で30時間まで効果を発揮しますし、20mgのものを服用すると30時間から最長で36時間も効果が持続します。
また、これらの効果の持続時間には個人差があるため、人によっては効果が短かったり長く続いたりするそうです。

そして他のED治療薬を服用すると勃起不全の改善のほかに、副作用の症状が出ることがあります。
しかしシアリスとそのジェネリック医薬品は、顔のほてりや目の充血などの副作用が少ないため、副作用をそれほど気にせず服用することが出来ます。
もし、他のED治療薬を使って副作用が強く出て服用を中止しなければいけない時は、シアリスやそのジェネリック医薬品を飲んでみるようにしましょう。

そしてシアリスとそのジェネリック医薬品は医薬品の効果が一緒ですが、医薬品の製造方法であったり製造している場所が違います。
シアリスという医薬品は世界の様々な国で承認されているのに対し、シアリスのジェネリック医薬品のタダリスはインドのみでしか医薬品の承認がされていないので、そういった点を理解した上で医薬品を使うようにしましょう。

そして他の勃起不全治療薬でも言えることですが、医薬品を飲んだからといって常に勃起するわけではありませんし、やはり男性器を勃起させるためには性的な興奮が大事です。
そのため、性的な刺激を受けて男性器が勃起をするためのサポートをしてくれる医薬品だとお考えください。

また、医薬品を飲んでも性欲がアップするわけではありませんし、男性器を勃起させるためには性欲もある程度必要になってきます。

次に医薬品の服用方法ですが、このジェネリック医薬品はシアリスと同じで食事の影響を受けにくい医薬品であることから、食事をとった後に医薬品を服用しても構わないとされていますが、もし医薬品の効果を重視するのであればバイアグラ同様に空腹の状態で医薬品を飲むようにしましょう。

空腹時に飲めばスムーズに医薬品の成分が体の中に吸収されていきますし、吸収されたあとに食事をとると良いです。
また、血中濃度がピークに達するのは個人差があるので医薬品の服用のタイミングは人それぞれ違いますが、最高血中濃度に達するのは大体3時間と言われているので、性行為を開始する3時間前ぐらいに飲んでみると良いでしょう。

しかしタダリスは効果の持続時間が最大で36時間であるため、前もって医薬品を飲めば長く効果が持続します。
例えば夜に性行為を開始する場合でもその日の朝に医薬品を飲んでおけば問題は無いと言えるでしょう。

※追記(持続時間についての補足)

持続力がタダリスの場合、シアリス同様に24時間以上あるため、個人差によるムラがあっても、基本的に1回から2回は満足行くセックスが味わえるでしょう。

引用元・・・サプリメントの欠点とタダリスの長所について

※追記2
タダリスの利用前に医師に相談されることをおすすえんします。ネットの知識は参考までにして、詳細は医師に直接聞くことをこことおススメします。